Wi-Fi

どんなときもWiFi VS 限界突破WiFi|評判・料金・速度・性能を徹底比較

データ容量無制限で安く使えるモバイルWi-Fiが2019年から登場し、どんなときもWiFiを追うように、新しいサービスがどんどん登場しています。

 

より安く、より良い条件で使えるサービスが増えていることは利用者にとって、うれしいものです。

2020年は「データ容量無制限」の時代?

2020年はデータ容量無制限で安く使えるモバイルWi-Fiがトレンドになっています。

1日3ギガ以上、3日10ギガ以上の使用などによる速度制限がある契約に不満を持っている方が増えてきました。

 

また、2020年から次世代通信規格である「5G」が商用利用開始ということで、「4G」からスムーズに乗り換えることができるようにしたいと考えるユーザーが急速に増えています。

 

そうしたニーズから、「データ容量無制限」「契約期間のしばり」「解約違約金」といった特徴をもったモバイルWi-Fiが登場するようになりました。

 

今回比較するモバイルWi-Fiは、「限界突破WiFi」「どんなときもWiFi」です。

 

この2つのモバイルWi-Fiサービスはいずれもデータ容量無制限で利用できます。

 

この記事では、「限界突破WiFi」「どんなときもWiFi」の特徴やメリット、デメリットを比較していきます。

 

モバイルWi-Fiを選ぶポイント

利用できる回線の種類と最大通信速度

月額利用料金と初期費用

接続可能台数

 

これらをポイントに比較していきます。

「どんなときもWiFi」と「限界突破WiFi」を表で比較

限界突破WiFi どんなときもWiFi
通信容量 容量無制限 容量無制限
事務手数料 0円 0円
初期費用 0円 3,000円(税抜)
あんしん端末補償 月々500円(税抜) ※加入するかどうかは任意 月々400円(税抜) ※加入するかどうかは任意
故障・紛失等支払金 機器損害金:18,000円(税抜) 盗難・紛失がわかったら、早急にご連絡ください。
解約処理を行わないと課金が続く為、カスタマーセンター(0120-048-277)までご連絡ください。
月額料金 ずっと3,500円(税抜) 1ヶ月目~24ヶ月目3,480円(税抜) 25ヶ月目以降3,980円(税抜)
契約期間 2年間(自動更新) 2年間(自動更新)
解約違約金 24ヶ月目まで:18,000円
25ヶ月目~27ヶ月目:無料
それ以降:5,000円
0〜12ヶ月目 19,000円(税抜) 13〜24ヶ月目 14,000円(税抜) 26ヶ月目以降9,500円(税抜) 更新月 0円
通信速度 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps
接続可能台数 8台 5台
支払い方法 クレジットカードのみ クレジットカード、口座振替
契約月の日割り あり あり

※表の月額料金はクレジットカードの料金です。

 

どんなときもWiFiは、口座振替で希望される場合には月額料金が3,980円となり、口座振替手数料がプラス200円(税抜)追加でかかります。

 

口座振替払い
限界突破WiFi なし
どんなときもWiFi 月額料金が4,180円(税抜)になる

 

口座振替の場合、月額料金が高くなるためクレジットカード払いをおすすめします。

どちらもトリプルキャリア対応で通信エリアが広い

「どんなときもWiFi」、「限界突破WiFi」ともにソフトバンク、au、ドコモのトリプルキャリア対応のモバイルWi-Fiです。

 

通信対応エリアは公式サイトをご確認ください。

Softbank公式サイト

au公式サイト

NTTドコモ公式サイト

 

どんなときもWiFi、限界突破WiFiともに解約違約金あり

限界突破WiFiは、更新月以外は9,500円(税抜)の解約違約金があります。

1ヶ月目~24ヶ月目:18,000円(税抜)

 

契約更新月(25ヶ月目~27ヶ月目):0円

 

それ以降:5,000円

 

他のモバイルWi-Fiと比べて、解約違約金が1万円未満なので、そこまで大きなデメリットではありません。

 

どんなときもWiFiは、

0〜12ヶ月目 19,000円(税抜)

13〜24ヶ月目 14,000円(税抜)

26ヶ月目以降 9,500円(税抜)

更新月(25ヶ月目、49ヶ月目)0円

 

となっており、更新月以外の期間で解約すると解約違約金が発生します。

 

通信速度は同じ

限界突破WiFiの端末

限界突破WiFiでは「jetfon p6」という端末を使用します。

「jetfon p6」は下り最大150Mbps 上り最大50Mbpsです。

 

どんなときもWiFiの端末

どんなときもWiFiで扱っている「D1」は「U2s」と同じく、国内3キャリアから提供される現在環境に最適な「通信容量制限無し」の回線が自動で選択されます。

 

下り最大150Mbps 上り最大50Mbpsとなっております。

MugenWiFiのU2sと性能はほぼ同じです。

実際にどこまでギガを使える?

限界突破WiFiの場合

他のお客様に影響が出る大容量通信をされた場合、違法ダウンロード、不正利用等の疑いがある場合、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。

引用:https://genkaitoppa.xmobile.ne.jp/

 

基本的には、動画を長時間垂れ流したり、アップロードをしまくったりしなければ、実質無制限みたいな感じです。

どんなときもWiFiの場合

国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。

引用:https://donnatokimo-wifi.jp/cloudwifi

どんなときもWiFiも基本的には、動画を長時間垂れ流したり、アップロードをしまくったりしなければ、特に気にせずに使えるはずです。

月額料金と初期費用

限界突破WiFi どんなときもWiFi
月額料金 3,500円(税抜) 3,480円(税抜)
初期費用 0円 3,000円(税抜)
1年間使用料金 42,000円(税抜) 44,760円(税抜)
2年間使用料金 84,000円(税抜) 86,520円(税抜)
3年間使用料金 126,000円(税抜) 134,280円(税抜)

 

料金で比較すると、限界突破WiFiの方が安いですね。

限界突破WiFiは初期費用が0円、どんなときもWiFiは3,000円(税抜)かかります。

月額料金は、限界突破WiFiは3,500円(税抜)、どんなときもWiFiは3,480円(税抜)となり、どんなときもWiFiが月々20円安いです。

 

トータルで見ると、限界突破WiFiの方が安いですね。

 

接続可能台数について

通信端末の接続できる台数は、限界突破WiFiが8台どんなときもWiFiが5台となっています。

 

インターネットを複数の端末で利用する方、家族と一緒に使う方であれば、5台は物足りないかもしれません。

返却の必要は?

どんなときもWiFiはレンタルなので端末を返却する必要があります。

限界突破WiFiの場合

限界突破WiFiの端末は、提供されるものなので、返却する必要はありません。

 

どんなときもWiFiの場合

どんなときもWiFiの端末は、新品のレンタル(貸し出し)とさせていただいております。

その為ご契約解除時は解約月の翌月10日以内に必着で、当社指定の宛先まで端末本体/個装箱2点をご発送ください。(送料はお客様負担)

返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合、返却物に欠品がある場合は機器損害金として18,000円(税抜)を請求させて頂く場合がございます。

※付属のUSBケーブル/ストラップ/取扱説明書は返却必須では御座いませんがお持ちであれば一緒にご返却頂けると幸いです。

引用:https://donnatokimo-wifi.jp/faq

 

解約までの流れとお手続きについて

 

評判・口コミはどうなの?

限界突破WiFiの評判・口コミ

以下の口コミ、評価はツイッター上のものです▼

 

2020年3月に入ってから、「速度が遅い」などの苦情が増えています。

 

どんなときもWiFiの評判・口コミ

以下の口コミ、評価はツイッター上のものです▼

 

 

どんなときもWiFiでソフトバンク回線によくつながるのは、ソフトバンクがWi-Fiに回す回線を制限していないため、よくつながるようになっています。

au、ドコモの回線だと、Wi-Fiに割り当てられる回線に限りがあるので、そういった理由でソフトバンクにつながりやすくなっています。

ソフトバンク回線がつながりにくい場所では、au回線につなげたほうが電波が良いので、電源を切って再び電源を入れると回線がリセットされるので、au回線につながるまで、リセットすることをおすすめします。

 

「Speedtest」というスマホアプリでどの回線につながっているのかわかります。

 

2月下旬頃から「速度が遅い」などの苦情が増えています。

 

 

※追記 【2020年3月21日】

どんなときもWiFiでは、【通信障害の原因に関するご報告】というページにて発生している通信障害の原因について記載があります。

通信障害の原因に関するご報告

比較した結果

・どんなときもWiFi、限界突破WiFiともに、トリプルキャリア対応で、通信範囲が広く、通信が安定しやすい

・月額料金、解約違約金はどこよりもWiFiのほうが安い

・どちらも3日10ギガ以上、1日3ギガ以上などの速度制限はなし(月間の上限はあり)

 

2020年は「データ容量無制限」が流行る?

「データ容量無制限」でこんなに良いサービスを提供して元を取れるのか!?ってレベルでお得なモバイルWi-Fiが登場しているので、今後も多くのサービスが出てきそうですね。

「データ容量無制限」でインターネットを使いたい方はぜひご検討ください。

おすすめランキング 2020年9月最新版

どこよりもWiFi

・おおよそ月間300GBまで速度制限なし

・ソフトバンク、ドコモ、auの4G/LTE回線で高速通信

・月額料金3,380円

最安値保証WiFi

・月間100GBまで制限なし

・ソフトバンクの4G/LTE回線で高速通信

・月額料金3,280円

・契約期間縛りなし・解約違約金なし

GMO WiMAX

・3日10GBまで速度制限なし

・auの4G/LTE回線、WiMAX2+で高速通信

・月額料金2,590円~

  • この記事を書いた人
アバター

佐藤たかし

インターネット回線を専門にさせていただいております。 本当に使えるWiFi、通信機器を紹介させていただきます。

-Wi-Fi

Copyright© 【公式】Wi-Fiニュース , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
イチ押しのWiFiはこちら
イチ押しのWiFiはこちら